アルコール依存症とはどんな病気?

アルコール依存症とはどんな病気?

『アルコール依存症』の正しい知識を持って治療に取り組みましょう。
長い間の飲酒習慣に加えて、様々なストレス・不安・環境の変化などが原因となり急に酒量が増え、遂には心の拠りどころとして酒に頼り、しまいには酒におぼれる生活になってしまう・・・
こうして気が付くと健康を害し人間関係も壊してしまうアルコール依存症になっているのです。

アルコール依存症とは

精神神経症状(離脱症状)、飲酒行動の異常(飲み方の異常)があり、大量に飲酒することにより、身体各臓器が異常をきたします。 また、アルコールを中心とした生活を送ることによって生活が乱れ、職務怠慢や家庭崩壊、酩酊時には問題行動(飲酒運転、器物破壊、暴言、暴力)等を起こすこともある病気です。

アルコール依存症はこんな病気です。

  • 誰でもかかる
  • 飲酒コントロールを失う
  • 否認をともなう
  • 進行性で死に至る
  • 家族を巻き込む
  • 回復には助けが必要
  • 一生つきあっていく
  • 節酒に努めても普通の酒飲みには戻れない

アルコール依存症の診断基準

A群: 飲酒のコントロールができない B群 : 離脱症状の出現 A群: 飲酒のコントロールができない B群 : 離脱症状の出現

A群・B群のうちからそれぞれ1つ以上当てはまるものがある場合、依存症と診断されます。
早期に専門医での治療をおすすめします。

アルコール依存症は体と心の病気、
そして家族の病気とも言われています。

アルコールを毎日飲み続けることで次第にアルコールなしでは生きていけない人間になっていきます。
はじめのうちは「飲みすぎ」程度の認識だったのが、だんだんと酒のトラブルが増えていき、社会に対する精神的価値観を喪失してしまい、終いには家族や職場、友人の人間関係をも壊してしまうのです。
酒量を減らしたから安心、しばらく断酒をしたから安心・・・ということはありません。
一度アルコール依存症になってしまうと、再びお酒を上手に飲める体質には戻れないのです。

アルコール依存症は“病気”であることを
理解しましょう。

家族や周りの協力者の方が、『アルコール依存症は病気である』ということを理解しましょう。病気なので、治療と回復が可能なのです。「どうしようもない」と諦めたり、「どうしたらいいかわからない」と悩む前にご相談ください。
当院では症状の程度や依存の状況を見極め、最も効果的な治療プログラムを構築し、アルコールのない正常な生活を取り戻すために全力でサポートします。
しかし、この治療にはご家族や周りの方の協力が必要です。できるだけアルコール・リハビリテーション・プログラムに一緒にご参加ください。そして、酒害者の体験談に耳を傾け、『必ずアルコール依存症を治してみせる』という強い気持ちを持っていただきたいと思います。

インフォメーション
0859-26-1611
0859-26-1611
TOP

Copyright © Yonago hospital All rights reserved.