看護部のご紹介

看護部の理念

1. 患者さんの尊厳を守る
2. 患者さんの安心と安全を保障する
3. 患者さん、家族、地域から信頼される
4. 専門職としての自覚と自己研鑽を積む

看護部長あいさつ

看護部長ごあいさつ

看護部長 祖田 富美子

「理想の看護」をめざし
刺激し合える、学びの風土とチームワーク

「患者さん自身をありのままに看る」患者さんの個性や能力、生活スタイルを尊重し、退院後の生活を考えたきめ細かな自立支援サポートの実践をしています。

より良い看護のためには、多くの能力(スキル)が必要です。看護技術は実践を通してしっかりと学んでいきましょう。またコミュニケーション力は「患者さんの話に耳を傾ける」という精神科看護の基本としてはもちろん、連携しながらケアしていく上で欠かせない力と言えます。看護は、医療を通じて患者さんの人生を支える大切な仕事。そのためにも多くの能力を身につけるために「学ぼう」という意欲と実践力が不可欠です。 当院では「もっと力をつけたい」「自分を磨き続けたい」という意欲をバックアップするため、看護師としての専門知識や技術を段階的に身につけられる、教育プログラムの確立に取り組んでいるところです。院内外のさまざまな研修を通じて、スキルアップへの取り組みを応援する風土がここにはあります。

病院は、「患者さんの健康で豊かな人生の実現」という目標に向かってチームワークで仕事を進める場です。他職種の仲間と情報交換をしながら、さらに自分の見解を交えてディスカッションを重ね、より良いケアを実践する。その手応えや醍醐味を共に味わいたいと思っています。

最後に、看護師は生涯の仕事です。その過程には、結婚・育児・介護など様々なライフステージがおとずれます。その時を一生懸命に輝けるとしたら、こんなに素晴らしいことはないでしょう。そのために、やりがいがもてる職場環境をつくっていきたいと思います。

米子病院看護部教育計画

新採用者研修:前期(4月~9月)、後期(10月~3月)2クール

内容 開催時期
第1回 オリエンテーション 4月
第2回 コミュニケーション技法 5月 10月
第3回 薬物療法・作業療法と看護師の役割 5月 10月
第4回 精神疾患とその症状 6月 11月
第5回 精神保健福祉法と看護師の役割 6月 11月
第6回 医療安全と看護師の役割 7月 12月
第7回 看護記録 7月 1月
第8回 病棟見学 8月 2月
第9回 まとめ 8月 3月

プリセプター・プリセプティ-交流研修

プリセプティー研修 プリセプター研修 合同研修
9月 6月
2月 2月 2月

看護部全体研修

内容 開催時期
・救急蘇生法、AED 4月
・看護研究Ⅰ
・看護研究Ⅱ
4月
9月
・褥瘡ケアⅠ
・褥瘡ケアⅡ
・褥瘡と栄養
6月
10月
11月
・精神疾患 6月
・薬物療法 8月
・福祉制度
・栄養管理
10月
11月
・作業療法、心理療法 1月
・その他トピックス研修 適宜
・病棟別取組報告会 後期
インフォメーション
0859-26-1611
0859-26-1611
TOP

Copyright © Yonago hospital All rights reserved.