よくあるご質問

外来について

精神科には、どんな時にかかるとよいのですか?

「からだとこころの不調」で、手助けが必要とされる時です。
悩みがある・眠れない・イライラする・不安がある・落ち着かない・集中できない・やる気が出ない・食欲がない・食べ過ぎる・お酒をやめられない、など「いつもと違って、何かおかしい」と感じた時に受診をお考えください。

予約は必要ですか?

基本的に予約制ではありません。
ご来院後、受付を済ませてからの診察となります。ただし、午後診療は、予約制になっております。詳しくは、外来の方へをご覧ください。

診察の時間は何時ですか?

診察時間
(8:30 ~ 17:00)
午前診療
(受付は11:30までにお願いします)
午後診療 【 予 約 制 】 ×

詳しくは、外来の方へをご覧ください。

初めて診察を受けるときはどうしたら良いですか?

まず、保険証をご持参ください。
他の精神科・心療内科・神経内科の医療機関にかかっている方は、主治医にご相談の上、紹介状をご持参ください。
詳しくは、外来の方へをご覧ください。

外来費はいくらかかりますか?

ご心配の場合は、事前にお問い合わせください。
初診で保険診療(3割負担)の場合、約2000~3000円です。ただし、検査・投薬などで、金額が大きく変わる場合がございます。なお、医療費の公的な支援制度もございますので、下記の費用についても同時にご覧ください。

○○先生は何曜日が担当ですか?

診察日は外来診療担当医表で決まっています。
担当医が臨時でお休みさせていただく場合があります。臨時の休診につきましては、受付窓口もしくはお電話にてご確認ください。
外来診療担当医表は、外来の方へをご覧ください。

治療を受けていることを、他の人に知られることはありますか?

病院側からお知らせすることはありません。
病院には守秘義務がありますので、個人情報が外部に漏れることはありません。ただし、生命に関わるような緊急性があると判断される場合は、必要な対応を取らせていただきます。
なお、病気のスムーズな回復のために、周囲の理解や協力が必要になる場合がございます。その場合は、どう伝えたらよいかを一緒に話し合っていきましょう。

保険証を使うと、会社に知られることはありませんか?

特にご心配の場合は、その旨をお伝えください。
健康保険組合には守秘義務がありますので、個人情報が外部に漏れることはありません。それでも、ご心配な場合は、自費診療も承っております。

本人が病院に行きたがらない場合、どうすればよいでしょうか?

ご家族のみの相談もお受けしております。
まず、ご家族が心配していることを伝え「専門の先生に診てもらっては」とお勧めください。ご本人に「あなたのことが心配」というメッセージを伝えることが大事です。
それでも受診されない場合、ご家族のみの相談もお受けしております。その場合、地域連携室のスタッフがご相談をお受けします(相談は無料)。ただし、ご本人が来院されない場合、医師による診察や薬の処方はできません。

精神科と心療内科の違いは何ですか?

精神科は主に精神障害の治療を行います。
精神科は、「こころ」の病気そのものを治療します。心療内科は、「からだ」に症状が現れる場合、その症状や病気を治療する科です。症状によって、治療内容が変わってきますので、詳しくは、当院にお問い合わせください。

訪問看護を始めたいけどどうしたらいいですか?

まず、医師の診察を受けてください。
ご利用については、医師の判断によって決定されます。
受診については、外来の方へをご覧ください。

入院について

入院の医療費は、どれくらいかかるのでしょうか?

ご心配の場合は、事前にお問い合わせください。
保険診療(3割負担)の場合、1ヶ月約15~20万円です。ただし、治療内容などで、金額が大きく変わる場合がございます。 なお、医療費の公的な支援制度もございますので、下記の費用についても同時にご覧ください。

入院に必要なものは何ですか?

入院生活に必要なものをお持ちください。
詳しくは、入院・お見舞いをご覧ください。

入院したいのだけど。

入院は医師の診断が必要となります。
受診については、外来の方へをご覧ください。
また、診察結果によっては、入院できない場合があります。

入院中、携帯電話は使えますか?

患者さんの病状により異なります。
各病棟に公衆電話が設置してあります。
携帯電話は、ルール・マナーを守った上で使用可能ですが、主治医より制限される場合があります。
詳しくは、入院・お見舞いをご覧ください。

費用について

通院費が安くなる制度があると聞きました。

「自立支援医療」とよばれる公的な医療費の助成制度があります。
外来の医療費の自己負担金が原則1割に軽減できます。また、所得により負担上限額も定められています。この制度は、診療費用だけでなく、薬代・訪問看護・デイケアの費用も合算できるため、安心して治療を受けることができます。詳しくは、受付窓口もしくは精神保健福祉士にご相談ください。

入院費が安くなる制度があると聞きました。

「高額療養費制度」「限度額適用認定証」とよばれる公的な医療費の助成制度があります。
1ヶ月の医療費が規定の金額(自己負担限度額)に軽減できます。所得により限度額は定められています。「高額療養費制度」は高額医療費を支払った後に、申請することで自己負担限度額を超えた分の払い戻しがあります。「限度額適用認定証」は、事前に申請することで自己負担限度額までの支払いで済ませることができます。又、入院食事代も軽減されます。詳しくは、受付窓口もしくは精神保健福祉士にご相談ください。

インフォメーション
0859-26-1611
0859-26-1611
TOP

Copyright © Yonago hospital All rights reserved.