米子病院で働く先輩職員の声 - 高島 正子

家族を介護しながら気もち良く働き、スキルを磨く

精神科ならではの患者さんを見守る姿勢

精神科ならではの患者さんを見守る姿勢

精神科の単科病院に勤務するのは初めてです。新卒で勤務したのは内科・外科・小児科・産科・精神科がある病院でしたが、やはり仕事の流れや内容はずいぶん違います。法改正などの背景も含め、医療業界全体が変化していく中でも、一人一人の患者さんにじっくり関わっていく医療ケアが求められる分野だと感じます。

特にここは精神科専門の病院ですから、時間的にも仕事としても患者さんに向き合う比重が高いです。長く入院されている方が多く、病名も病歴も年齢もさまざまなので、個々の患者さんの状況を把握するのにも時間がかかります。検温や血圧測定、服薬管理、清拭などこまかな仕事をしながら、患者さんの心や身体の状態を丁寧に見守り、的確な判断と対応が必要になります。

介護しながら働ける柔軟なサポート体制

米子病院に興味を持ったのは、ホームページに「ご家族を介護されている方でも、働きやすい職場です」と書かれていたからです。現在家族を介護しており、どうしても通常の勤務形態では働きづらい事情を抱えています。以前勤めていた病院は自宅から遠く、仕事も遅くなりがちで、介護をしながら勤め続けるのは難しくなったため転職することにしました。女性が多い業界ですから出産や育児のサポートが整っている病院は多いのですが、介護面では不十分なのが実状です。この点について面接で相談したところ、柔軟な勤務サポートを確約してもらえたので安心できました。

実際に働き始めて数カ月が経ちました。師長をはじめまわりの皆さんが事情を理解し、細やかに気を配って下さいます。それだけに限られた時間の中で、質の高い仕事をしようという意識が強くなりました。長く勤めている方が多いのも、ここが安心して働ける職場である何よりの証明だと思います。

コミュニケーションスキルが存分に磨けるチャンス

コミュニケーションスキルが存分に磨けるチャンス

精神科には、言葉や表情では意思表示がしにくい患者さんがたくさんいらっしゃいます。それだけにコミュニケーションの難しさや奥深さを再認識させられます。何気ないこちらの言葉ひとつで心を開いてもらえることがあれば、反対に心を閉ざされることもある。そこには緊張感がありますが、私自身のスキルを磨くチャンスでもあります。この病院の看護師は、じっくり時間をかけて相手との距離を縮めながら、信頼を得て、家族のようなスタンスで仕事をします。私もそんな風に患者さんに関われるようになりたいです。

面接では、ご自身の事情を包み隠さず話してみることをおすすめします。ここはそんなプライベートな事情も十分に考慮した上で、活躍できる場を提供してくれる、包容力を持った病院です。

  • 内田 美咲
  • 高島 正子
  • 深井 江史子
  • 長谷川 里咲
  • 渡部 麗乃
インフォメーション
0859-26-1611
0859-26-1611
TOP

Copyright © Yonago hospital All rights reserved.