アルコール依存症新治療薬

アルコール依存症新薬治療

当院ではアルコール依存症 飲酒量低減薬 ナルメフェン(セリンクロ)が採用となりました。
これまで国内でのアルコール依存症治療薬は抗酒剤、飲酒欲求低減薬があり、全て断酒を目的とした薬剤でした。
ナルメフェン(セリンクロ)は飲酒量の低減が目的であり、飲酒量の低減から断酒へ繋げていくための薬剤になります。

ただしアルコール依存症は断酒をしない限り病状は悪化していく病気であるため、断酒を原則とし飲酒量を減らす目的のみでの処方は行ってはいません。

ナルメフェン(セリンクロ)対象患者

アルコール依存症と診断された方
断酒ではなく、飲酒量低減を初期段階での治療目標とすることが適切と判断された方
習慣的に多量飲酒をしている方
緊急の治療を要するアルコール離脱症状(幻覚、痙攣、振戦 せん妄等)を呈していない方
お酒を飲む量を減らす意思のある方

補足
アルコール依存症の治療は原則断酒であるため、医師と診察時に相談の上、総合的に判断し治療目標が設定されます。

ナルメフェン(セリンクロ)の作用機序
ナルメフェン(セリンクロ)はμオピオイド受容体及びδオピオイド受容体に対しては拮抗薬として、κオピオイド受容体に対しては部分的作動薬として作用することにより飲酒量の低減作用を発揮すると考えられているが、明確な機序は不明である。

補足
μオピオイド受容体及びδオピオイド受容体に対しては拮抗⇒多幸感(飲酒による幸福感)、情動(急激な感情の起伏)・依存を抑制。
κオピオイド受容体に対しては部分的作動⇒鎮静作用(飲酒欲求の軽減)

ナルメフェン(セリンクロ)の主な副作用
悪心 吐き気、胸やけ、胃の不快感
めまい ふらつき、浮遊感(体が浮いたような感覚)
傾眠 日中の眠気、注意力の低下
インフォメーション
0859-26-1611
0859-26-1611
TOP

Copyright © Yonago hospital All rights reserved.